経堂の歯医者

審美歯科 より美しい歯を手に入れたい方へ

審美歯科とは

歯並びや歯の色、歯の形をキレイにして、もっと美しく健康的な笑顔を手に入れたいと考える方が増えています。そのような方におすすめなのが、審美歯科です。歯や歯を支える歯肉や骨の機能性を高め、その上で見た目の美しさを追求します。当院でご提供している審美歯科の治療方法をご説明しています。

セラミックを使った治療

審美性と機能性に優れているセラミック治療は、歯の表面にセラミックを張り付けたり、被せたり詰めたりすることで、歯の色を白くする治療方法で、お好みの歯の形・大きさにすることもできます。以下でセラミックを使った治療のメリットをご紹介します。

体にやさしい素材
粗悪な金属やプラスチックをお口の中に何年も留めておくと、お口の中だけでなく、全身的な問題が生じることがあります。その点、セラミックは見た目や質感だけでなく硬さも本物とほとんど変わらないため、問題が起きることはほとんどありません。また、セラミックは生体親和性に優れているため、金属アレルギーの患者様にも安心してお使いいただけます。
色調、形が調節可能
セラミックは、色調や形態を調節できるため、患者様ご自身の歯に合わせた自然な色合いや形に調整できます。レジンでは得られない、透明感のある美しい仕上がりになります。
変色・黄ばみ、臭いの付着なし
セラミックは、レジンと違って劣化による変色や黄ばみ、臭いの付着を起こしません。一方、レジンは2年程度で変色や黄ばみ、また吸水による悪臭の付着が起こります。
歯肉や歯の黒ずみなし
金属の被せ物を用いた際、化学反応によって歯肉や歯が黒ずむ場合がありますが、セラミックは腐食しないので、歯肉や歯が黒く変色することはありません。
当院では、セラミックの種類としてオールセラミックとハイブリッドセラミックなどをご用意しています。患者様の症状や状態・ご希望に合わせた治療を行いますので、ご希望があれば遠慮せずご相談ください。
ファイバーコアの使用
セラミック治療を行う上で、土台となる「コア」の部分は大変重要です。一般的なメタルコアの場合、経年変化で割れてしまう、黒く変色するなどのおそれがあります。一方、ファイバーコアは柔軟性と光透過性に優れています。そのため、メタルコアに比べ歯根が割れにくく、より美しい歯を手に入れることができます。また、金属を一切使わないので、金属アレルギーの心配がありません。
ファイバーコアを使用することで、見た目の美しさが手に入るとともに丈夫で長持ちするセラミック治療を行えます。
薬により歯に縞模様ができてしまっている方へ
歯がまだ生えていない時期にテトラサイクリンやミノサイクリンなどの抗生剤を服用したために、歯に縞模様ができている場合があります。テトラサイクリン歯と呼ばれる変色です。色は薬の種類によってグレーや茶色、オレンジ色などさまざま。いずれにしても色が濃い場合には歯のクリーニングやホワイトニングだけでは、白くすることが難しくなります。
そのようなときにおすすめしたいのがラミネートベニアというセラミック治療です。歯の表面を削り、その部分に付け爪のようにセラミックの薄い板を張り付けて、歯を白くみせる方法で、歯と歯の隙間を埋める場合にも用いられます。

ホワイトニング

歯を削ることなく、短期間で白く明るい歯を手に入れられる治療法です。当院では自宅で簡単にできるホームホワイトニングをご提供しています。専用の薬剤を注入したマウストレイを装着することで、歯を白くします。効果が出るまでに2週間ほどかかりますが、1日数時間ほど装着するだけなので、寝る時間などを利用して行えます。

歯肉の黒ずみの治療

喫煙や、色素の強い物を食べたり飲んだりすることで起こる歯肉の黒ずみ。これを元通りのキレイなピンク色に戻す治療をガムブリーチと言い、薬液を使用して処置を行います。処置によって最初は皮膚の日焼けのようにむけてきて、はじめは白くなりますが、1~2週間でキレイなピンク色になります。

治療例

オールセラミッククラウン(被せ物)

ハイブリッドセラミックインレー(詰め物)

ホワイトニング